女の人

化粧品は選び方が重要|敏感肌でも使えるアイテム

  1. ホーム
  2. 肌質にあった化粧品を使う

肌質にあった化粧品を使う

婦人

保湿力と持続力で選ぶ

肌にあった化粧品を選ぶために、自分の肌質を知ることが大切です。トラブルのないモイスチャーバランスが整った肌質のことを普通肌と言います。その普通肌を基準として、水分が少ない肌を乾燥肌、油分が多い肌を脂性肌と言います。空気が乾燥していないのに肌がカサカサしている人、洗顔後に肌がつっぱる人は、乾燥肌です。乾燥肌は放置すると敏感肌になります。敏感肌になると乾燥肌よりも水分が少なくなり、シワやたるみなどが人より早く生じてくるので注意が必要です。乾燥肌や敏感肌の人は、化粧品で保湿をしっかりすることが、お手入れの基本となります。どんな肌質でも保湿は大事ですが、敏感肌はなおさら重要です。乾燥肌や敏感肌の場合、保湿化粧品でお手入れをして一時的に潤っても、数時間するとまた乾燥することがあります。そのため、浸透力が強い化粧品を選ぶことが大切です。コラーゲンやヒアルロン酸は、保湿力が強い保湿成分です。しかし、分子が大きいので浸透しにくいのがネックです。しかし、今は分子を小さくしてあるナノコラーゲンやナノヒアルロン酸入り化粧品もあります。それなら低分子で角質層に浸透しやすく、保湿力が持続するのでお勧めです。保湿力や持続力が強い化粧品なら、洗顔後につけるだけで肌が保湿されて水分量がアップします。そして普通肌に近づきます。日中乾燥が気になったら重ね付けするのもいいですが、その場合は乳液・クリーム等で蓋をすることが大切です。