スキンケア

化粧品は選び方が重要|敏感肌でも使えるアイテム

肌質にあった化粧品を使う

婦人

肌の水分が少なくなると乾燥してしわやたるみができます。乾燥肌、敏感肌の人は、しわやたるみが出来やすく、見た目年齢が高くなるので要注意です。低分子コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分入り化粧品でお手入れをすれば、肌の水分を上げることができます。

乾燥が招く肌トラブルとは

化粧品

敏感肌とは、乾燥により肌のバリア機能が失われ、少しの刺激にも過剰に反応するようになった状態です。潤い成分配合の化粧品を使うと良いですが、即効性を求めすぎるのは逆効果、低刺激なものを選び、長期的に使い続けるつもりで改善していきましょう。エアコンの風やストレスにも気をつけて、体を内外から労わりましょう。

植物成分なら肌に優しい

ウーマン

30代〜40代の女性はストレスを溜めやすく、肌のターンオーバーが乱れやすいので、敏感肌用化粧品を使うようにしてください。植物成分を配合した無添加タイプなら肌に優しいのでおすすめですが、ストレスを溜めないなど、生活習慣を見直すことも大切です。

乾燥から肌を守る

レディ

肌に潤いを

敏感肌は水分と油分の両方ともが減ってしまって乾燥することで肌が敏感に感じてしまうことをいいます。人間の肌には本来、乾燥や紫外線や刺激などから守るための役割を持ち合わせています。適度に水分を保ち、その水分を蒸発させないように皮脂が保護しているのです。ところが肌の水分や皮脂が少なくなり乾燥し、かさつきが出ることがあります。それが乾燥肌です。実は、敏感肌はほとんどの場合乾燥肌といっても過言ではありません。その乾燥からどのようにして肌を守ったら良いのかの対策があります。体質や遺伝で生まれつき敏感肌を持っている方も自分に合わせた化粧品を使用することで十分に対策することができます。睡眠不足やストレスなどから敏感肌になることも考えられるので生活習慣を見直しながら肌の状態に合わせた化粧品を使いスキンケアを行うことで肌のお悩みをおきにくくすることもできます。一方で生活習慣も問題なく、スキンケアもしっかりと正しく行っているのにも関わらず肌の状態が変わらない場合はアレルギーなどの可能性も考えられます。アレルギー対策をした化粧品の使用も考えた方が良いですが、専門医と相談することも必要です。敏感な肌の改善をするポイントは、肌の保湿です。肌の保湿を重視した化粧品を選ぶことが重要となります。保湿をすることで、肌の表面が潤い、きめが整い、敏感肌の対策をすることができます。保湿化粧品を選ぶポイントがあります。それは配合成分にこだわることです。